小鼻や鼻の黒ずみ毛穴は開く事と汚れが関係している

小鼻や鼻の黒ずみ毛穴は開く事と汚れが関係している

小鼻や鼻の黒ずみ毛穴は開く事と汚れが関係している

 

小鼻の周りや鼻に黒いブツブツは、ありませんか?
美白を目指すのであれば、綺麗な肌色に黒い色の点はどうしても目立ってしまいますよね。
特に顔の肌はとてもデリケートなのでちょっとした事ですぐに肌トラブルになってしまい、それが重なると取り返しの付かないほど悪化してしまう事さえあります。

 

詳しい原因については、これから紹介しますが、今はそれらを改善する化粧品やグッズが多く販売されていますし、このサイトでも詳しいケア方法を掲載していますので(毛穴の黒ずみ対策)、蓄積されないうちに、正しいケアを身に着け解消へと導きましょう。

 

まずは、黒みの原因、敵の正体を理解し対策へとにつなげてみて下さい。

 

 

黒ずみ毛穴の原因 角栓の詰まり

 

黒ずみ毛穴の原因の黒ずみの多くは角栓の詰まりです。
角栓とは、洗い残しの汚れやホコリや角質が皮脂と混ざりあって出来たいわば汚れの混合物になり、その角栓が長期間さらされると酸化を起こし毛穴が黒く見えてしまいます。

 

もう少し詳しく言うと、通常であれば毛穴から余分な皮脂は外へ排出されていきます。
ですが毛穴に角質や汚れが詰まると、皮脂を外に排出できなくなり小さな角栓(白ニキビ)ができます。
この時点ではまだ黒ずみは発生していなく、長時間この状態が続くと角栓が固くなり乾燥して酸化される事(黒ニキビ)になり毛穴付近が黒ずんでみえるようになります。
それが、さらにひどくなると、アクネ菌が角栓を餌にして大量に発生します。これが炎症を引き起こし赤ニキビへとなってしまいます。

 

特に鼻は、出っ張っていますので空気に多くさらされる為か角栓が酸化しやすくすぐに黒ずんでしまう場所でもあります。
また、角栓は皮脂と結合しますので、その皮脂が多く発生する場所(皮脂腺の多い場所)、鼻を中心にしたTゾーン、皮脂(油)が発生しやすい場所でもあり、鼻付近は角栓の出来やすい好条件が整っているのです。

 

顔の中心とも言える鼻ですから、最も目立ちたくない場所に黒ずみ毛穴が発生しやすく、この角栓の詰まりはそのまま放っておいても解消する訳でもない為、人為的に排除する必要があります。

 

【汚れ】

 

・お化粧等の落とし漏れ
今日のお化粧は薄い、UVカットクリームしか使っていないという理由で洗顔だけで済ませている人も多くいるかと思います。
実際に洗い終わった後は、さっぱりとした爽快感があり洗い残しは無いように思っているかもしれませんが、意外と全部取り切れていないない場合があります。
試しにクレンジングなどを付けて拭きとってみてみるとわかりますが、少し汚れませんか?
この汚れは、黒ずみ毛穴の原因でもある角栓(汚れ)の材料となり黒ずみも助長してしまいますので洗い残しのないようにすることは必要不可欠です。

 

・ターンオーバー
ターンオーバーは通常であれば28日サイクル新しい皮膚が生成されていきます。
ですが、年齢と共に肌は乾燥しやすく、固くなりやすく、このサイクルがどんどん長くなっていきます。
こうなると正常なターンオーバーが出来なくなり角栓の材料となる、古い角質が発生してしまう事になります。
また、角栓が出来ると正常なターンオーバーの阻害にも繋がり悪循環を引き起こしてしまいます。

 

 

黒ずみ毛穴の原因 メラニン

 

顔の部分で最も日焼けしやすい場所と言えば鼻が第一候補になる事でしょう。
日焼けは、肌を黒くするメラニンが生成され色素沈着する事で黒ずん見えます。

 

黒ずみ毛穴の原因では、紫外線によって発生したメラニンが毛穴付近に堆積して黒ずみ毛穴となって現れる場合があります。
メラニンが原因の場合は、角栓を取るように洗顔やクレンジング等で対策をしても取れることは無く美白のケアで対応する事になります。
通常であればターンオーバーで新しく皮膚が作られて消えていくのですが、年齢や正常な新陳代謝が行われないといつまでも残ってしまう場合もあります。

 


【人気記事】
管理人No1 時短の毛穴集中ケア!睡眠時間を活用する方法
私、管理人が今気に入っている毛穴ケア商品について紹介をしています。洗浄、潤い、引き締めを睡眠時間の毛穴ケアタイムを有効活用、注目No1.

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 鼻の毛穴とは 開く毛穴について 黒ずみ毛穴について たるみ毛穴について